ビタミンの種類と働き

ビタミンの種類と働き

スポンサードリンク

.

ビタミンは美容効果だけじゃない?

体

ビタミンと聞くと、美容とか肌とか、果物や野菜に多く含まれてそうとか、そういうイメージを思い浮かべるかと思います。実際、その通りなのですが、それが全てではありません。ビタミンは美容限定の栄養素ではなく、身体全体に関係している大切な栄養素なのです。ビタミンにはたくさんの種類があることを知っていますか?なぜビタミンが大切な栄養素と言われるのか、その働きを知っていますか?ここではビタミンについて、種類と働きなどを簡単にわかりやすく説明していこうと思います。


ページのトップへ ▲

ビタミンは微量でいい?

食事

ビタミンは、私たちが健康を保つために欠かせない栄養素です。たくさん摂らなければいけないというものでもなく、微量でその働きを発揮してくれます。しかし、このビタミンは、体内ではほとんど作られません。特に意識してビタミンを摂る必要はなく、それよりもバランスの取れた食事を心がけることが大切です。バランスよく食事をしていれば、身体に必要なビタミンは十分に摂取できるからです。ビタミンと一口に言っても、いろいろなビタミンの種類が存在します。ビタミンCなどは、ビタミンの種類の中でも有名だと思いますが、他にもビタミンの種類は覚えきれないほどたくさんあり、その働きや効果は様々です。そして、ビタミンは不足したり過剰に摂取すると、ある症状を引き起こします。その症状はビタミンの種類により異なり、様々な特徴があります。


ページのトップへ ▲

ビタミンの種類

ビタミンの種類

ビタミンにはたくさんの種類がありますが、それらを化学的な性質で分類することができます。まず、水に溶けるビタミン。これを水溶性ビタミンと呼び、体内では酵素を補う働きを持っています。つぎに、水に溶けないビタミン。これを脂溶性ビタミンと呼びます。このビタミンは、それ自体が生命維持に必要な働きを持っているため、とても重要なビタミンになります。たくさんあるビタミンは、この水溶性ビタミンか脂溶性ビタミンのどちらかに分類ができます。ちなみに、水溶性ビタミンには、ビタミンB1・B2・B6・B12・C・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンが、脂溶性ビタミンには、ビタミンA・D・E・F・Kが該当します。


ページのトップへ ▲

ビタミンとは?

アルファベット

たくさんあって、何がなんだか…という感じですが、それぞれのビタミンの種類や働きなどの説明は追ってしていきますので安心してください。とりあえず、ビタミンというものは、私たちの身体には欠かせないもので、水溶性と脂溶性のビタミンにわかれていて、その中にはいろいろ数字とアルファベットが紛らわしいビタミンの種類があるんだ、ということを知っていただければ十分だと思います。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.