口内炎に効くビタミン

口内炎に効くビタミン

スポンサードリンク

.

口内炎の原因は?

疲れ

口内炎は、ある日突然口の中に違和感を覚え、それに気づきます。酸味のあるものや硬いものを食べたりしたときに滲みる感じ、何もしなくても不快が広がるあの感じ、口内炎はとても煩わしいものですよね。口内炎ができてしまったばっかりに、食欲が減退したり、味覚が変わってしまったりと、いいことはありません。この口内炎、ストレスや疲れによるものなど原因は様々ですが、そのひとつにビタミンB2の不足があります。


ページのトップへ ▲

口内炎を治すには?

口内炎

口内炎の原因はビタミンB2が関係していることを説明しました。口内炎は放っておいてもしばらく経てば自然に治りますが、早く治したいときには、ビタミンB2を意識的に摂取することで効果があります。ビタミンB2は、皮膚や粘膜の成長を促す働きを持っているため、口内炎で炎症が起こっている粘膜を正常へと戻してくれるのです。口内炎を治すこともそうですが、口内炎を作らないためにも、ビタミンB2は大切なビタミンのひとつです。口内炎以外にも、肌や唇がカサカサ乾燥したり、目が充血したりという症状も予防してくれるビタミンです。


ページのトップへ ▲

口内炎を早く治す簡単メニュー

魚料理

口内炎ができてしまうと、食べ物なんて食べたくない!と思ってしまいますが、早く口内炎を治すためには、栄養をきちんと取ることが大切です。その中でビタミンB2を含む食材を多くとることで、口内炎の早期完治が期待できます。ビタミンB2は水溶性のビタミンなので、多少多めに摂取しても過剰症にはなりにくいです。だからといって、尋常でない量のビタミンを摂取したりしてはいけませんが。

ひとつの例として、朝・昼・晩の食事の中で、ビタミンB2を多く含んだレシピの取り入れ方を紹介したいと思います。ビタミンB2が多く含まれる食材には、「ししゃも、カレイ、たまご、豚レバー、納豆、チーズ」などがあります。朝食は、納豆にたまご、チーズを入れて、ご飯や味噌汁にかけてみたり、昼食には、カレイの煮物などやわらかいものをおかずにしてみたり、夕食は肉料理にしてみたり。限られた食材の中でもこれだけメニューを考えることができます。ビタミンB2は上に挙げただけではもちろんありません。他にもたくさんの食材が存在していますので、それらを組み合わせて効率的にビタミンB2を摂取してみましょう。口内炎、早く治るといいですね。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.