ビタミン不足になると

ビタミン不足になると

スポンサードリンク

.

ビタミン欠乏症とは

たばこ

ビタミン不足になると、ビタミン欠乏症という症状を呈します。このビタミン欠乏症は、不足しているビタミンによって様々な症状を見せます。加工食品やファーストフードなどに頼らず、バランスの取れた食事・健康的な生活をしている人は、ビタミン欠乏症になることはまずありません。どのような人がビタミン欠乏症になりやすいのかと言うと、朝・昼・晩の食事が不規則になっていたり、コンビニのお弁当などで簡単に済ませてしまう、ダイエットをしている人などがそうです。ビタミンは極微量で身体に必要な量を摂取することが可能ですが、このような生活を送っている人は、ビタミン不足になってしまうことが多いようです。バランスの取れた食事をしている人でも、ストレスが多い生活をしていたり、煙草をよく吸う場合などでは、ビタミンの消費が早いため、同じくビタミン不足になり、ビタミン欠乏症になりやすいといえます。


ページのトップへ ▲

ビタミン過剰症とは

サプリメント

ビタミン不足によりビタミン欠乏症になってしまうということの真逆で、ビタミン過剰症というものもあります。食事からビタミンを摂っている人は、あまり気にする必要もないのですが、サプリメントなどのビタミン剤からビタミンを摂取している人は常に気をつけて欲しい症状です。特に、ビタミンAやDなどの脂溶性ビタミンの摂取量については注意が必要です。脂溶性ビタミンというものは、過剰に摂取してもいらない分が尿中に排出されることがないため、身体にどんどん溜まっていきます。そのため、サプリメントなどで必要量を超えたビタミンを毎日摂取していると簡単にビタミン過剰症状が現れてしまいます。一日に摂取していいビタミンの量をしっかり把握してサプリメントは飲まなければいけません。たくさんとればいいというものではないのです。ビタミン不足によるビタミン欠乏症だけではなく、この過剰症についても知っておく必要があります。


ページのトップへ ▲

ビタミンの知識を持つことが大事

考える女性

健康志向が高まる中で、きちんとしたビタミンの知識を持ち周囲や情報に流されないようにすることが、正しいビタミンの摂り方につながります。正しくビタミンを知ることができれば、ビタミン不足によるビタミン欠乏症やビタミンの取り過ぎによる過剰症も怖くありません。ビタミンを効率よく摂取するには?ビタミンを逃がさない調理の仕方は?欠乏症や過剰症の具体的な症状って?そもそもビタミンってどんな食材に含まれているの?など、ビタミンを正しく知るために、以降のページではより詳しく説明していきたいと思います。栄養素の中では地味なポジションにいるビタミンですが「ビタミンって大事なんだなあ」と、少しでもビタミンに対するイメージが変わり、生活の中に活かしてくれたらと思います。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.