ビタミン剤いろいろ

ビタミン剤いろいろ

スポンサードリンク

.

ビタミン剤の形状

サプリメント

ビタミン剤には様々な形状があります。錠剤やカプセル、粉末、液体などがよく目にするものだと思います。他にも舌下錠といって舌の下で溶かして吸収させる形状や、スプレータイプのものなどもあります。一番ポピュラーなのは錠剤だと思います。持ち運びにも便利で飲みやすい形状です。粉末も最近はよく見ますね。ヨーグルトや飲み物の中に混ぜて使ってみたりと、活用の幅が広いことも魅力です。また、粉末のビタミン剤の場合は、スプーン一杯の中に含まれるビタミンの量が多く、添加物などもあまり使われていないため、身体に優しいビタミン剤と言えます。自分の飲みやすい形状を選んで、継続して飲み続けることが大切です。


ページのトップへ ▲

合成?天然?ビタミン剤の種類

天然もの

ビタミン剤は基本的には自然に存在しているものから作られています。そのため、天然のビタミン剤が一般的です。天然のものから作られたビタミン剤は、いろいろな成分を含んでおり、ビタミンの効果をより大きいものにしてくれます。しかし、天然物というのは、何でもそうですが、お値段がやや張ります。そこで誕生したのが合成のビタミン剤です。合成のビタミン剤には、天然のビタミン剤のように様々な成分が入っていることは少なく、ビタミンCのビタミン剤であれば、ビタミンCしか入っていないものになります。また、合成されたものというのは、身体への優しさを考えると、天然ものには敵いません。そのため、より低刺激でビタミンを摂取したいと考える人には、天然のビタミン剤がいいのかもしれませんね。


ページのトップへ ▲

ビタミン剤を飲んでみよう!

ビタミンドリンク

ビタミン剤を飲むとき、一番よいとされている時間は食事中、もしくは食後です。ビタミンは他の食材と一緒に摂取しないと、吸収がされずにそのまま尿として排出されてしまうからです。できることなら、毎食ごとにビタミン剤を飲むようにしましょう(ビタミン剤によって定められている用量用法を優先しますが)どうしても一日分を一気に飲まなければいけないような人の場合は、一番たくさん食事を食べるときにビタミン剤も飲むようにしましょう。普通だと夕食ということになるのでしょうか?また、身体の状態に合わせて、ビタミン剤を飲んだり、お休みしたりすることも大切です。そのためにも、ビタミンのことをよく知っていなければいけませんね。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.