ビタミンKの働きと効果

ビタミンKの働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンKの働きと効果

骨

ビタミンKの効果の中で、最も重要なのは、血液凝固に関係するということです。出血が止まるのは、血液中に存在するプロトロンビンという物質があるからで、このプロトロンビンは、ビタミンKが不足していると作られません。また、ビタミンKの効果はそれだけではなく、骨にも関係しています。骨に関係の深い栄養素は、ビタミンDやカルシウムだけと思われがちですが、ビタミンKの効果もとても重要です。骨を丈夫にする効果があり、骨からカルシウムが流出するのを防ぎます。カルシウムが骨に取り込まれるときにも必要なビタミンです。ビタミンKは実は体内でも作られます。腸内で細菌によって作られるため、経口からたくさんビタミンKを摂取しなくても十分足りてしまいます。しかし、抗生剤を長く投与している人の場合は、ビタミンKが不足してしまうことがあるので注意が必要です。


ページのトップへ ▲

ビタミンKの欠乏症・過剰症

鼻血

ビタミンKには出血を止める効果がありますので、ビタミンKが不足すると、まず血が止まりにくくなります。切り傷をしたり鼻血が出てしまったときに、いつまでも止まらず、ダラダラと出血してしまいます。小さな怪我ならまだいいのですが、交通事故などで大きな怪我をしてしまったりしたときには、出血が止まらないという事態は致命的になりかねないため、甘く考えるのはよくありません。また、骨を丈夫にする効果がビタミンKにあるため、不足することで骨がもろくなり骨折しやすくなったりもします。逆にビタミンKを過剰に摂取してしまうと、吐気、嘔吐、息苦しさ、黄疸などの症状が現れてきます。


ページのトップへ ▲

ビタミンKが多く含まれる食品

卵

ビタミンKは緑色野菜に多く含まれています。野菜以外の食品では、納豆が有名です。卵黄などの食品にも多く含まれていますので、納豆にかけて食べたりすれば簡単にビタミンKを摂取できますよ。また、ビタミンEの多い食べ物をたくさん摂取すると、ビタミンKの吸収が妨げられますので、食べ物を選ぶ時には注意が必要です。


ページのトップへ ▲

ビタミンKの簡単レシピ

パスタ

ビタミンKのお勧めレシピは「納豆パスタ」です。

「パスタ、納豆、卵、めんつゆ」を準備しましょう。まずはパスタを茹でます。茹で上がったらフライパンにパスタを移し、オリーブオイルで炒めます。さらに、めんつゆを適量加え、いい香りがするまで炒めます。お皿に盛ったら納豆をかけ、卵黄をおとしましょう。物足りないようにも感じますが、非常に美味しいです。好みで緑色野菜を加えるとビタミンKの量も増え、美味しさも増すことと思います。是非お試しを!


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.