ビタミンHの働きと効果

ビタミンHの働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンHの働きと効果

髪のトラブル

ビタミンHとは、ビオチンのことで、水溶性ビタミンのひとつです。ビタミンHは、ビタミンCの合成や、糖質・脂肪・たんぱく質の代謝に必要なものです。ビタミンHの主な効果としては、皮膚の健康を保ったり、筋肉痛を和らげたりすることが挙げられます。他にも、髪の毛のトラブルに大きな効果を見せてくれますよ。白髪になるのを防いだり、抜けにくい髪の毛を作ったりと、髪の毛で悩んでいる人にはとても嬉しい効果を持つビタミンです。先にも言いましたが、ビタミンHはビオチンとも呼ばれます。一般的にはビオチンという名称の方が浸透しているため、ビタミンHの効果などをもっと知りたい人は「ビオチン」で調べてみることをお勧めします。現在ではビオチンはビタミンB群に属することが判明したため、ビタミンB7として分類されている場合もあります。


ページのトップへ ▲

ビタミンHの欠乏症・過剰症

疲れ

ビタミンHが不足すると、皮膚に影響がでてきます。湿疹ができてしまったり、脱毛などで悩まされるようになってきます。代謝障害を起こし、全身の不調や倦怠感などを感じることもあります。何もやる気がしない、食欲もないというような、うつ症状を引き起こすこともありますので注意が必要です。過剰症については、あまり心配はないようです。


ページのトップへ ▲

ビタミンHが多く含まれている食品

食事

ビタミンHは、野菜などの食品、食べ物よりもレバーなどの肉類、ピーナッツやバター、クルミ、大豆、卵黄などの食品、食べ物に多く含まれています。ビール酵母なんかにもビタミンHは豊富です。ビタミンをたくさん摂るには野菜!野菜!と思っている人は、毎日の食事も野菜などの食べ物中心のメニューになってしまいがちです。しかし、このような野菜以外の食品や食べ物にもビタミンHは多く含まれていますので、やはり偏った食事をせず、バランスよく何でも食べることが大切だと思います。


ページのトップへ ▲

ビタミンHの簡単レシピ

ピーナッツ

ビタミンHのお勧めレシピは「ピーナッツのお菓子」です。

「ピーナッツ、水、砂糖」を準備しましょう。ピーナッツはあらかじめ簡単に砕いておきます。鍋に砂糖と水を入れてかき混ぜます。煮詰まってきたら弱火にしましょう。とろみが出てきたらピーナッツを加え、かき混ぜて火を止めます。完成です。昔懐かしいお菓子ができますよ。ピーナッツの代わりにくるみや大豆を使っても美味しく作れます。砂糖、味噌を合わせて味噌風味にしてみてもいいかもしれませんね!


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.