ビタミンFの働きと効果

ビタミンFの働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンFの働きと効果

ビタミン

ビタミンFは必須脂肪酸のことを言います。最近ではビタミンFという呼び方はあまりしません。ビタミンはもちろん健康な身体を維持するのに重要な栄養素ですが、ビタミンFの効果はそれ以上に重要で、言うならばたんぱく質や脂肪などと肩を並べるほどのものであるとされています。一日の必要量についても、他のビタミンは微量でいいのですが、ビタミンFはたくさんの量が必要とされています。そのため、ビタミンFとして呼ばれるよりも、必須脂肪酸などの言葉で呼ばれる方が多くなってきているのです。ここではあえてビタミンFと呼ぶことにしますが、効果や働きなどを自分で調べるときなどには、必須脂肪酸などの言葉で探した方がよい資料が見つかるのではないかと思います。必須脂肪酸もといビタミンFには、不飽和脂肪酸、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸などがあります。その効果はいろいろあり、血圧や血糖値を下げたり、動脈硬化を防ぐなどの効果が見られます。また、細胞の成長を助ける効果もあるため、健康維持にも役立ちます。


ページのトップへ ▲

ビタミンFの欠乏症・過剰症

髪のトラブル

ビタミンFが不足すると、皮膚や髪が不健康な状態になってしまいます。結果、湿疹ができてしまったり炎症を起こしてしまいます。フケや抜け毛の原因となることもあります。また、細胞の成長が妨げられるため、成長停止や浮腫など全身に影響がでてきます。だからと言って過剰摂取すると、体重増加に繋がったり、健康を害する危険があるため注意が必要です。


ページのトップへ ▲

ビタミンFが多く含まれている食品

ピーナッツ

ビタミンFが多く含まれているのは油です。それも、植物油に限ります。油以外の食品、食べ物では、クルミ、アーモンド、アボガド、ピーナッツなどの食品、食べ物にビタミンFが豊富に含まれていいます。野菜や果物にはビタミンFは含まれていません。ビタミンは野菜や果物に多いと思い込みやすいので気をつけましょう。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸が1:2の割合で摂取された場合、不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸の燃焼を助けるという効果があります。そのため、飽和脂肪酸を含む食品、食べ物を摂取したときは、不飽和脂肪酸(ビタミンF)を少し多めに摂るようにしてみてはいかがでしょうか。また、ビタミンEを含む食品、食べ物と一緒にビタミンFを摂取すると吸収がよくなります。


ページのトップへ ▲

ビタミンFの簡単レシピ

炒め物

ビタミンFは、レシピと言うよりも、まずは炒め物をするときなどに使う油を植物性のものにしていくようにしてみてはどうでしょうか。また、肉や魚からでる動物性の油をカットして調理するなど、いつもの料理に一手間かけて、工夫してみることも大切だと思います。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.