ビタミンCの働きと効果

ビタミンCの働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンCの働きと効果

肌

ビタミンCは美容に効果があることで有名です。ビタミンCはコラーゲンの生成や維持に関係しているビタミンなので、女性には特に効果的なものです。また、鉄の吸収を助けるため、貧血になりやすい女性にとって、これまた大事な効果を持つビタミンなのです。風邪を引いてしまったときなどは、ビタミンCを多く摂取することで早く治すことができます。ビタミンCは免疫機能を高める働きがあるため、風邪などを早く治すことに加えて、予防効果もあります。発癌防止にも効果のあるビタミンとしても知られています。


ページのトップへ ▲

ビタミンCの欠乏症・過剰症

風邪

ビタミンCが不足すると、風邪を引きやすくなったり、ちょっとした切り傷を負ったときになかなか血が止まらない、いつまでも傷口がじくじくしているという症状が見られます。ビタミンCには毛細血管や歯などを健康に保つ役割もあるため、不足すると歯茎から出血したり歯周病になってしまうこともあります。貧血がみられる場合には、ビタミンC不足が原因の可能性もあります。

ビタミンCをちょっと多く摂取したくらいでは、重大な問題が発生することはほとんどありませんが、ビタミンCを過剰に取りすぎてしまうと下痢や頻尿になる可能性もあります。その際にはビタミンCの量を少し減らしてみましょう。また、尿酸結石を作ってしまうおそれもあります。しかし、これについてはビタミンB6やカルシウム、たっぷりの水を毎日摂取していれば防ぐことができます。


ページのトップへ ▲

ビタミンCが多く含まれる食品

サラダ

ビタミンCは野菜に多く含まれています。小松菜、レンコン、じゃがいも、ピーマン、トマトなどの食品、食べ物に多いので、サラダとして摂取すれば、毎日無理なくビタミンCを摂ることができます。ビタミンCが多い食品、食べ物は野菜だけではありません。果物にもたくさんビタミンCが含まれています。イチゴやみかん、はっさく、オレンジなどの食品、食べ物にもビタミンCは多いので、野菜があまり好きではない人は、果物をちょこちょこ食べるようにしてみてはどうでしょうか。

ビタミンCは水溶性ビタミンです。そのため食品、食べ物を調理する際に茹でたりすると、せっかくのビタミンは流れ出てしまいます。サラダなどの場合には、温野菜としてではなくそのままドレッシングなどをかけて食べてみてはいかがでしょう。熱を通したとしても、茹で汁も活用するなどして食品、食べ物に含まれていたビタミンCを無駄にしないようにすることが大切です。また、加熱することでビタミンCが減少します。そのため、ビタミンCを含む食品、食べ物を多く摂取できているようでも、案外取れていないこともあります。身体に余分なビタミンCは排出されるので、多めに摂取することをお勧めします。


ページのトップへ ▲

ビタミンCの簡単レシピ

グラタン

ビタミンCのお勧めレシピは「いもグラタン」です。

「馬鈴薯、サツマイモ、牛乳、ホワイトソース、パセリ、チーズ、塩、こしょう 」だけで簡単に作れます。馬鈴薯を選んだのは、加熱してもビタミンCが壊れにくいからです。なければ普通のじゃがいもでもいいと思います。いも類を適当な大きさに切って、鍋で茹でましょう。いもがやわらかくなってきたらホワイトソースも入れて加熱します。塩コショウはお好みで調節してください。耐熱皿にそれらを流しいれて、チーズを降りかけトースターで焼きます。焦げ目がついたら完成です。マカロニなど好みで入れてもいいと思いますが、いもだけなら簡単にささっと作れちゃうと思いますよ。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.