ビタミンB6の働きと効果

ビタミンB6の働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンB6の働きと効果

髪の毛

ビタミンB6も水溶性のビタミンです。ビタミンB6はアミノ酸の代謝に効果を発揮するビタミンです。アミノ酸がエネルギーに変換されたり、アミノ酸を作り出すという効果があります。他にも、抗体、赤血球を作ったりする働きもあり、アレルギー予防の効果もあります。免疫機能を正常に保つ効果もあり、丈夫な身体を作ってくれます。髪の毛や肌を健康に保ってくれる効果もあり、ビタミンB6は非常に大切な役割を持つビタミンです。糖尿病を持っている人で注意しなければいけないことがひとつあります。ビタミンB6はインスリンの合成にも効果を発揮します。そのため、ビタミンB6をたくさん摂取していると、治療として使用するインスリンやインスリンの分泌促進薬などの量と、身体が必要とするインスリンの量がかみ合わず、低血糖をおこしてしまう危険性があります。ビタミンB6の摂取については、主治医とよく相談しなければいけません。


ページのトップへ ▲

ビタミンB6の欠乏症・過剰症

風邪

ビタミンB6は腸内でも作られるため、あまり欠乏症になることはありませんが、様々な効果を持つビタミンですから、それが不足するといろいろな症状が出てきます。皮膚の炎症などが頻繁に起こったり、抜け毛の原因となることもあります。風邪をひきやすくなったり、貧血に悩まされることもあります。過剰症では、神経系に不調が起こってきます。手足のしびれや痛み、不眠などの症状が現れてきます。


ページのトップへ ▲

ビタミンB6が多く含まれる食品

魚類

ビタミンB6は、マグロやカツオなどの魚類や鶏肉などの肉類の食品、食べ物にも多く含まれていますが、他には果物に多くみられます。バナナやメロンなどの食品、食べ物にビタミンB6は多く、じゃがいも、キャベツ、アボガドなどの野菜にも含まれています。野菜や果物は冷凍保存などをしてしまったりすると、その効果が落ちてしまいますので、できることならこれらの食品、食べ物はフレッシュな状態で摂取することをお勧めします。その方が、味も落ちることなく美味しい状態で食べれて、一石二鳥ですね。


ページのトップへ ▲

ビタミンB6の簡単レシピ

バナナ

ビタミンB6のお勧めレシピは「バナナのパンプディング」です。

「バナナ、食パン、牛乳、砂糖、卵、バター」を準備します。バナナは輪切りにします。食パンは一口大に切り、トースターで少し焼きます。牛乳をあたため、砂糖と卵を混ぜます。耐熱皿にバターを塗り、それらを流し込みパンを浸します。パンがヒタヒタになったらバナナも加え、オーブントースターで焼いていきます。焦げ目がついたらアルミホイルを被せ、さらに焼いていきます。これで完成です。手軽に作れるので、おやつとしてお子さんに作ってあげるのもいいかと思います。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.