ビタミンB2の働きと効果

ビタミンB2の働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンB2の働きと効果

肌

ビタミンB2はリボフラミンです。リボフラビンという言葉、よく聞くのではないでしょうか?ビタミンB2も水溶性のビタミンですので、毎日摂取することが望ましいビタミンです。そして、ビタミンB2は主に皮膚や粘膜の健康維持や成長に効果を発揮します。肌トラブルを防ぎ、口や目、鼻などの粘膜を守る効果があります。細胞、エネルギーの再生、代謝などを促進する働きがあるため、ビタミンB2の効果はとても大切です。


ページのトップへ ▲

ビタミンB2の欠乏症・過剰症

目のトラブル

ビタミンB2は皮膚や粘膜を健康に保つために効果を発揮しますから、それが不足してしまうと、皮膚が荒れてしまったり口角がただれてしまったりというトラブルを起こします。目の場合には、角膜炎や充血などの症状が現れる可能性があります。過剰摂取した場合の症状はあまり報告例がありませんが、かゆみやちくちくした痛み、しびれや灼熱感などが現れたりします。


ページのトップへ ▲

ビタミンB2が多く含まれる食品

肉

ビタミンB2が多く含まれる食品、食べ物は、いろいろあります。レバーなどの肉や魚類、乳製品など幅広く含まれています。魚類ではししゃもや鯖、いわしなどの食品、食べ物、乳製品ではミルクやチーズ、ヨーグルトなどの食品、食べ物にビタミンB2は含まれています。もちろん野菜にもビタミンB2は多いですよ。特に緑黄色野菜に多くみられます。ビタミンB1同様に、いろいろな食品や食べ物に含まれるので、ちょっとした組み合わせの工夫で美味しく、それでいて効率のよい食べ方ができると思います。お酒を飲むのが好きな人に気をつけて欲しいことがあります。それは、アルコールはビタミンB2の吸収を妨げてしまうため、普通よりも多くビタミンB2を摂取するようにして欲しいということです。毎日のようにお酒を飲むような人は、食品、食べ物からだけのビタミンB2摂取に頼らず、サプリメントなどのビタミン剤からも摂取することをお勧めします。また、抗がん剤などの治療を受けている人は、ビタミンB2をたくさん摂取すると抗がん剤の効果が薄れるということがあるようです。ビタミンが身体にいいからと言って、ビタミンB2を多量に飲んでしまうと、抗がん剤治療にはよい効果を招きませんので注意が必要です。


ページのトップへ ▲

ビタミンB2の簡単レシピ

ヨーグルト

ビタミンB2のお勧めレシピは「アロエヨーグルト」です。

「アロエ(デザート用)、ヨーグルト」を準備しましょう。アロエの水気をきって、ヨーグルトと混ぜるだけ!好みでイチゴや桃などを入れても美味しいと思います。忙しい朝に重宝しますよ。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.