ビタミンB12の働きと効果

ビタミンB12の働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンB12の働きと効果

血液

ビタミンB12は水溶性のビタミンですが、体内に貯蔵することができます。約3年はこの蓄えで身体はやっていくことが可能です。これをよいと見るか悪いと見るかはその人個人によりますが、不足していることに気づくまでに時間がかかり、すぐに症状として目に見えないため、私個人としては注意しなければいけないなあと思います。そんなビタミンB12の効果は、主に血液と神経にみられます。ビタミンB12と葉酸を一緒に摂取することで、造血の効果があります。また、神経細胞内の脂質、たんぱく質、核酸の合成を助け、神経系の健康を保つことに効果があります。また、胃である因子と結合し、腸から吸収されます。そのため、胃の切除手術を受けた人は注射などでビタミンB12を補う必要があります。そのような手術を行っていなくても、吸収までに時間がかかるのと、腸からの吸収があまり効果的ではないのとで、ビタミンB12を急に要するときには注射で投与することが普通です。


ページのトップへ ▲

ビタミンB12の欠乏症・過剰症

貧血

ビタミンB12が不足すると貧血を招きます。この場合の貧血は、悪性貧血と呼ばれます。貧血にもいろいろと種類があるのですが、悪性貧血はビタミンB12が不足することで、一般の貧血症状(めまい、たちくらみ、動悸など)に加えて、神経症状(手足のしびれ、ふるえ、記憶障害、意識消失など)、消化器症状(食欲不振、舌の炎症など)が起こります。名まえに「悪性」と付いているので、とても深刻な症状のように思われますが、ビタミンB12を投与すれば簡単にその効果を発揮し、治すことができますので心配はいりません。過剰に摂取してしまったときに起こる症状は、報告例が少ないため、あまり心配はいらないようです。


ページのトップへ ▲

ビタミンB12が多く含まれる食品

肉

ビタミンB12は動物性の食品、食べ物に含まれています。そのため、食物性の食品、食べ物からはほとんど摂取することが不可能です。ということは、ビタミンがたくさん詰まっていそうな野菜からは摂取できないということになります。そのため、野菜が大好きな人や野菜ダイエットをしている人は間違いなくビタミンB12が不足していると言えます。野菜以外で、ビタミンB12が多く含まれている食品、食べ物は、肉類、魚介類、卵・乳類です。野菜中心の食生活の人は、ビタミンB12のサプリメントなどから摂取すればいいのですが、ここでひとつ知っておいて欲しいことがあります。ビタミンB12は胃から吸収されないので、小腸で吸収されるようになっているタイプのものか、舌下錠タイプのサプリメントを選ぶ必要があります。その方が効率的に吸収され、不足したビタミンB12の補充も簡単にできると思います。また、カルシウムと一緒に摂取すると吸収がよくなるという話も聞きますから、食品、食べ物の組み合わせを考えて調理するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

ビタミンB12の簡単レシピ

あさり

ビタミンB12のお勧めレシピは「アサリのワイン蒸し」です。

「アサリ、バター、白ワイン、にんにく」を準備します。アサリは事前に砂抜きしておきましょう。にんにくはチューブ入りのものか、そうでなければみじん切りにしておきましょう。お皿に材料を入れラップをしてレンジでチン!これで完成です。パセリなどを散らすと見た目も美味しそうに仕上がります。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.