ビタミンB1の働きと効果

ビタミンB1の働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンB1の働きと効果

食欲不振

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える効果があります。糖質は身体に大切なエネルギー源だとよく言いますが、ビタミンB1も同時に摂取しなければ無駄になってしまいます。また、消化液の分泌をよくする効果もありますので、食欲不振時などにも効果があります。他には神経の調節を行う働きもあり、ビタミンB1の効果はとても大きなものです。


ページのトップへ ▲

ビタミンB1の欠乏症・過剰症

疲れ

ビタミンB1が不足してしまうと、消化器系と神経系に不調を起こします。身体に必要なエネルギーが作られなくなってしまいますので、気力や注意力がなくなってしまったり、ちょっとしたことで疲労を感じるなど、体力が落ちたと感じることも多くなってくると思います。また、うまく食べ物を消化できないため、食欲不振に陥ったり消化不良、便秘などに悩まされることになります。便秘などは、食物繊維をたくさんとっていれば問題ないと思っている方も多いようですが、実はビタミンB1の効果も関係しているのです。神経系の不調としては、脚気などが挙げられます。脚気とは腱反射がなくなってしまうもので、よく診察時に脚をハンマーのようなもので軽く叩いて、脚がピョンと反応するシーンを見たことがあると思いますが、あのピョンというものがなくなってしまうのです。これを脚気検査と言いますが、この検査で神経の状態を知るため、腱反射が消失してしまうということは、神経系に何らかの異常が起こっているということになります。過剰症についてはあまり報告例がないようです。稀にみる症状としては、浮腫(むくみ)や脈拍の増加、神経過敏などがあります。


ページのトップへ ▲

ビタミンB1が多く含まれている食品

豚肉

ビタミンB1は水溶性のビタミンです。そのため体内に貯蔵されることがないので、毎日ビタミンB1を含む食品、食べ物を摂取する必要があります。ビタミンB1は豚肉に多く含まれています。夏はバテやすいですが、そんなときに豚肉を食べてみると、夏バテ防止にも効果を発揮してくれます。他の食品、食べ物としては、穀類に多く含まれるようです。玄米やライ麦、オートミールなどの食品、食べ物があります。ほとんどの野菜などにもビタミンB1は含まれています。ビタミンB1が含まれている食品、食べ物はけっこうあります。毎日摂取することが望ましいビタミンB1ですから、いろいろな食品、食べ物の中から選び、組み合わせを考えながら、健康にもよく美味しい料理を是非作ってみてください。


ページのトップへ ▲

ビタミンB1の簡単レシピ

しょうが焼き

ビタミンB1のお勧めレシピは「しょうが焼き」です。

「豚肉、たまねぎ、しょうゆ、みりん、酒、しょうが」を準備します。調味料を合わせ、豚肉を20分ほど漬けておきましょう。フライパンで油を熱し、たまねぎを軽く炒めます。たまねぎに火が通ったら、豚肉を炒めていきます。途中、漬け汁を加えます。豚肉に火が通っていい感じになってきたら完成です。炒めすぎてしまうと豚肉がかたくなってしまうので、そのあたりは個人の好みで調整してください。夏バテ防止にもなりますよ!


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.