ビタミンBの働きと効果

ビタミンBの働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンBの働きと効果

血液

ビタミンBは、ビタミンB群やビタミンB複合体と呼ばれます。ビタミンBというビタミンが単体で存在するのではなく、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンB12などのビタミンを総称してビタミンBと言います。ビタミンBはいろいろなビタミンの総称ですので、ビタミンBはどのようなものなのですか?と問われると簡単には説明できません。詳しいことはビタミンBの各々の種類のページで説明しますのでそちらを見てみてくださいね。なので、ここでは簡単に。ビタミンBには、糖質をエネルギーに変える効果、皮膚や粘膜を正常に保つ効果、アミノ酸を作ったりそれをエネルギーに変える効果、血を作る効果などがあります。


ページのトップへ ▲

ビタミンBの欠乏症・過剰症

疲れ

ビタミンBの効果にはいろいろあることがわかりましたよね。そのビタミンBが不足してしまうと、身体に様々な不調が現れることは容易に想像ができます。過剰摂取してしまったときも同様です。ビタミンBにはいろいろな種類がありますので、よくその違いやどのような食品、食べ物がビタミンBを多く含んでいるのかを知ることが大切です。


ページのトップへ ▲

ビタミンBが多く含まれる食品

料理

ビタミンBは、ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12と種類がたくさんありますので、ビタミンBは何だかんだで日々の食事の中でだいたい摂取できています。野菜などの食品、食べ物に多く含まれているものや、肉類や魚類などの食品、食べ物に多く含まれているもの、乳製品や豆、穀物類などの食品、食べ物に多いものなどがあります。全ての食品、食べ物に何らかのビタミンBが含まれていると言っても過言ではありませんので、案外簡単に摂取できるのかもしれません。ただし、ビタミンBの中のひとつひとつのビタミン全てを均等に摂取しなければ意味がありませんので、野菜だけ食べていればそれでいい、野菜は食べずに肉ばかり食べていてもビタミンBが摂れるからいい、という考えではいけません。ビタミンBは、相互作用がありますので、偏った摂り方をするよりも、多数ある種類のビタミンBを一緒に摂取した方が効果が上がるんですよ。


ページのトップへ ▲

ビタミンBの簡単レシピ

オレンジミルク

ビタミンBのお勧めレシピは「オレンジミルク」です。

「オレンジ、グレープフルーツ、ハチミツ、カッテージチーズ、スキムミルク、水」を準備しましょう。オレンジなどは皮をむいて実を取り出します。他の材料をミキサーに入れスイッチを入れます。しばらくミキサーにかけたらオレンジなどを入れて再びミキサーのスイッチを押します。これで完成です。朝食と一緒に飲んでみてはいかがでしょうか。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.