ビタミンAの働きと効果

ビタミンAの働きと効果

スポンサードリンク

.

ビタミンAの働きと効果

目

ビタミンAは粘膜や皮膚を健康に保つ効果があります。そのため、胃が荒れてしまったり、喉の調子が悪かったりしたときにビタミンAは効果的です。にきびなどの肌トラブルにも、ビタミンAの外用薬を塗布すると効果があります。また、ビタミンAは目に関係していることを知っていますか?私たちは普段、目から入ってきた光が脳の視覚中枢に刺激を送り「明るい」ということを認識します。ビタミンAはこの光を伝える神経に関係しているのです。先に説明した粘膜保護効果も、目の角膜や粘膜を守る効果を持っています。他の効果には、成長促進作用や発癌防止作用などもあります。


ページのトップへ ▲

ビタミンAの欠乏症・過剰症

頭痛

ビタミンAは動物性食品に含まれるレチノールと、植物性食品(動物性食品にも含まれる場合もあり)に含まれるカロチンがあります。カロチンは、もとはプロビタミンと呼ばれ、体内で必要に応じてビタミンAに変化し、カロチンとなります。食べ物として摂取する場合には、カロチンを含む食品を選ぶことをお勧めします。それは、体内でビタミンAに変化するカロチンは、過剰に摂取し過ぎても身体に影響を与えないからです。とは言っても、レチノールが含まれる食べ物を毎日毎日たくさん摂取していなければ、ビタミンAの過剰症になることは滅多にないので、ちょっと頭の片隅に置いておくだけでもいいと思います。

ビタミンAが不足したときに現れる代表的な症状は夜盲症です。夜盲症とは、明るいところから暗いところに行ったときになかなか目が慣れず、時間がかかる症状のことをいいます。また、皮膚が乾燥して手がかさかさになってしまったり、粘膜が傷つきやすい状態になるため胃などの消化管が炎症を起こしてしまうこともあります。過剰摂取による症状はあまり心配要りませんが、症状としては頭痛、吐気、下痢、脱毛、骨の痛みなどが見られます。


ページのトップへ ▲

ビタミンAが多く含まれる食品

魚料理

ビタミンAは脂肪性ビタミンなので、吸収の際にはミネラルと脂肪が必要になります。そのため、これらの栄養素も合わせて食品、食べ物を選ぶとビタミンAの吸収率は上がります。ビタミンAは、レバー、魚の肝油などの食品、食べ物に多く含まれています。これらの食品、食べ物は、人によって好き嫌いがわかれるものですが、それ以外に食べやすい食品、食べ物にもちゃんとビタミンAは含まれているので安心してください。食べやすい食品、食べ物としては、緑黄色野菜、にんじん、たまご、乳製品などがあります。朝食で調理しやすい食品、食べ物ばかりなので、まずは朝の食事から見直してみてはいかがでしょうか。


ページのトップへ ▲

ビタミンA(カロチン)の簡単レシピ

スープ

ビタミンAの簡単レシピとして「パセリのスープ」を紹介します。

「パセリ、コンソメ、卵、片栗粉」を準備しましょう。パセリの葉を荒くみじん切りにし、卵は割って溶いておきます。鍋に水とコンソメを入れてパセリをさっと煮ます。少量の水で溶いた片栗粉を鍋に入れてとろみを付け、最後に卵を入れて、1〜2回菜箸でかき混ぜたら完成です。コンソメで味をつけていますので、失敗することがなく、とても簡単にできますよ。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) ビタミンと栄養辞典 All Rights Reserved.